モグニャンキャットフード グルメ

元野良猫でもいつの間にやらグルメ舌に

 

モグニャンキャットフード口コミ

都内在住の夫婦二人暮らしです。
一緒に暮らしている猫は、保護猫の茶トラ(オス)で私よりも主人に懐いています。
キャットフード与え方の工夫は・・・・

 

 

色々とあげすぎたのが原因なのか飽き性な猫に

 

元野良猫でもいつの間にやらグルメ舌にモグニャンキャットフード

 

ある日、主人と買い物の帰りにとても人懐っこい猫に出会いました。

 

飼い猫かと思うほど人懐っこい子でしたが、成猫にしては明らかに痩せすぎで肋骨も浮いていて、飼われている状況には見えずそのまま保護することにしたのです。

 

すぐに動物病院に連れて行った結果、体重は成猫の平均体重の半分ほどしかないうえ脱水症状を起こしていたこともあり、結局我が家で面倒を見ることになりました。

 

少しでも体重を増やす必要があるということで、キャットフードも缶詰からドライタイプのもの、加えておやつも数種類と色々あげたのが良くなかったのか、飽きた食べ物は食べないという野良時代には到底考えられないグルメ舌な猫へと次第に変わっていったのです。

 

 

違う食感のご飯をあげてローテーション作戦

 

缶詰ならまだしも、ドライフードは結構な量があるので早々に飽きられてしまうとかなりもったいない事になります。

 

最初のうちはペット用のかつおぶしをかければ食べてくれましたが、次第にそれも飽きてしまい、まだお皿に入っているにも関わらず新しいご飯を催促するようになってしまいました。

 

そこで、ドライフードのうえにスープタイプのウェットフードをかけたり、缶詰を少しだけかけたりと食感の違うご飯をドライフードに足してあげることで前のご飯とは違うアピールをするようにしたところ、残さずしっかり食べてくれるようになったのです。

 

 

解決したかに見えたご飯問題に一つ問題が

 

食感を変えるローテーション作戦は確かにうまくいったのですが、例えば「ちゅ?る」など、トッピングをふりかけている瞬間を見られてしまうとトッピングの方を欲しがってしまいドライフードに見向きもしなくなってしまうのが難点です。

 

そうなるとトッピングを直にもらえるまで鳴くわ、後をついて回るわと中々引いてはくれません。

 

我が家に来た当初はドライフードでも文句一つこぼさずに食べていたのに、今ではグルメ舌になってしまいご飯の度に一悶着することもあります。

 

でも、前の家を出てから我が家に来るまでにろくにご飯も水も飲めなかった保護当初の姿を思い出せば、多少のワガママも少しは聞いてあげても良いかなという気もするのでこの調子で体重を増やしていってくれたらと思います。



 


モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード←トップ記事
モグニャンキャットフード徹底検証。口コミでも高評判の訳とは品質に有り。そしてもぐにゃんは、お試しやモニターが無く楽天やアマゾンの通販でも無い為当サイトで最安値で購入出来る方法を紹介。