モグニャンキャットフード 時間差

ご飯は時間差であげてね!

 

モグニャンキャットフードは時間差であげてね!

 

待ちに待っていて、飼い主にご飯を催促、足にまとわりついて、やっとお皿に入れてもらえたご飯を、急いで食べてしまう猫というのがいます。

 

誰もとらないのにね。。

 

食欲旺盛で、入れたとたんにがっついてしまう猫です。

 

猫が急いで食べるとどうなるか。。。嘔吐です!一般に言われる猫ゲロというものです。

 

食べた後で、先ほど食べたものを全部嘔吐されると、なんでそんなに急いで食べるのよ!

 

もったいないじゃない!と悲しくなってしまいますよね。性格的なものはある程度仕方ないですが、それでもだいぶん嘔吐を防ぐ方法があります。

 

 

まず、一つの方法として、ご飯を嘔吐しないためには、少しずつ、がっつかせることです。

 

つまり一回でお皿に入れる量を少なめにするのです。カリカリを20グラム入れるとすると、10グラム入れて、なくなってしばらくしてから残り10グラムを追加、もしくはウェットフードの場合は、パウチ半分をお皿にいったんいれて、食べ終わってしばらくしてから残り半分を入れる、といったようにです。このようにすると、がっついても嘔吐することはなくなります。私はこの方法で、一日に5回フードをあげています。

 

朝起きてすぐにカリカリ、出勤前にカリカリ、帰宅後ウェットフード半分、寝る2時間あたりに残りのウェットフード半分、寝る前に別のカリカリです。

 

これをしてからは、嘔吐がだいぶ減りました。あと、二つ目の方法としては、空腹時間を増やしすぎないということも大切です。人間でも、空腹すぎてつらいときに、普通に食べるご飯の量以上に、食べすぎてしまうことがあると思います。

 

 

ご飯を時間差であげると、嘔吐することはなくなりますが、飼い主に時間的余裕がある場合でないと難しいです。

 

出勤前に半分だけ入れて、残りを入れ忘れるようなことがあれば、猫は飼い主が帰ってくるまで、空腹で待つことになり、つらいと思いますし、さらに次のご飯をがっついてしまう原因になります。

 

あげ忘れないよう、例えば飼い主が朝起きてすぐ半分あげて、出勤前にまた半分を入れるというような工夫が必要ですね。

 

あと有効なだと思うのは、食べているときに、ゆっくり食べるように言葉がけをすることです。よくかんで食べるよ、ゆっくりちょっとずつ食べるよ、というように諭しながらあげると、ゆっくり食べてくれるような気がします。

 

猫の様子をしっかり観察してみてくださいね。あとは、嘔吐といっても病気が原因の時もあるかもしれませんし、病気由来の食欲かもしれませんので、よく観察して、妙にいつもと様子が違う場合は必ず獣医さんに連れて行ってあげてくださいね。



 


モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード←トップ記事
モグニャンキャットフード徹底検証。口コミでも高評判の訳とは品質に有り。そしてもぐにゃんは、お試しやモニターが無く楽天やアマゾンの通販でも無い為当サイトで最安値で購入出来る方法を紹介。