モグニャンキャットフード 少量

少量ずつ与える作戦

 

モグニャンキャットフード口コミ

キャットフード与え方の工夫は・・・・

 

私は中小企業の事務員34歳、両親と兄夫婦から預かった猫(雑種)と暮らしています。

 

以前は最大同時に4匹猫を飼っていましたが、3匹は老衰により亡くなり、現在は1匹となってしまいました。

 

 

 

がっつきすぎるがゆえに…

 

この兄夫婦から預かった猫、図体は大きく、餌をがっついて食べるのです。

 

がっついて食べるので、カリカリにしろウェットタイプの餌にしろ、良く噛んで食べずにどうやら飲み込んでしまうようなのです。

 

また、食器に餌を置くと、置いた分全量を一度に食べようとするのです。

 

その結果、すぐ嘔吐してしまうのです。嘔吐すると、出した分またおなかがすくようで…悪循環の繰り返しでした。

 

 

がっつかせず、食事のありがたみをわからせるために…

 

モグニャンキャットフードでも少量ずつ与える作戦

 

まず、与えた食事を一気に食べてしまわないように考えた方法が、カリカリを10粒ずつ与えるというものです。

 

一度に大量のカリカリを与えてしまうと、勢いよく飲み込んでしまうようだったので、一回の量を10粒程度にとどめ、ゆっくり食べさせるようにしました。

 

また、普段は家族全員仕事に出ており、今までは家を出る前に、食器に餌を大量において、帰ってくるまで持つようにしていました。

 

もちろん帰るまで持っているわけはなく、食器に入れた直後に食べ始めてしまっていました。

 

そこで、紙皿を5、6枚使い、家のいろんなところに隠してみました。

 

階段の上、戸棚の下、玄関の靴箱の中。

 

いずれも探し当てた後、少し頭を使わないと食べられないような場所に置いておきました。

 

こうすることで、与えた食事を一気に食べしまうことを防ぎ、また日中誰もいないことでもしかしたら寂しさを感じていたかもしれない猫に、宝探しのような楽しさを与えられるのでは、と考えたのです。

 

 

嘔吐回数は減ったが新たな問題…(笑)

 

この、少量ずつ与える作戦、餌を家中に隠す作戦が功を奏したようで、まず嘔吐する回数が減りました!

 

今までは仕事を終えて家に帰ると、嘔吐していたこともあったのですが、そういうことが本当に減りました。

 

また、嘔吐物なのですが、今までは噛まずに飲み込んでいたせいか、消化されていないカリカリがそのままの形状を保った状態であったのですが、この作戦が効いて良く噛んで食べるようになったのか、消化された状態の嘔吐物となっていました。

 

これは猫の体にとってはいいことなのだろうと思うのですが、嘔吐物を処理する人間側としては、カリカリ形状を保ったままの方が、ドロドロの嘔吐物の方より処理しやすかったなというのが正直なところですが…。

 

また、餌を隠す作戦ですが、猫のストレス解消効果もあったようで、餌隠しをしてからというもの、出かける直前には猫が隠すのを楽しみに待っているようなのでした。

 

時には私の後ろにこっそりついてきて、隠す現場をじーっと見ていることもありました。

 

結構猫も楽しんでいるということが分かって以来、私も頑張って隠すのですが、家の中で、猫が飽きずに、かつ猫でも取れるような、でも少し頭を使わないと取れないような場所を見つけるのは結構難しくて…猫のために考え出した方法ですが、今度は私の悩みの種になっています。



 


モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード←トップ記事
モグニャンキャットフード徹底検証。口コミでも高評判の訳とは品質に有り。そしてもぐにゃんは、お試しやモニターが無く楽天やアマゾンの通販でも無い為当サイトで最安値で購入出来る方法を紹介。